トップ «飲酒における常識、うそ・ほんと レモン水の驚くべき健康効果»

熟睡することで疲れも吹っ飛びます


熟睡するためのポイント

現在位置:トップページ熟睡するためのポイント

最近、なかなか寝付けない、熟睡できないといった悩みを良く耳にします。睡眠時間を充分に確保すること、その睡眠が充実していることは、健康に大きく関わってくるものとなりますので、今日は良く眠るためのポイントをいくつか紹介させていただきます。

寝る前には、脳を休ませるようにすること

寝る前の時間は、人にとって、自由であることが多いです。テレビを見たり、パソコンを見たり、スマホをしたり、ゲームをしたり、本を読んだり、人によってそのリラックス方法はさまざまですが、寝る前に興味のあることを見たりしたりするのは、脳が刺激され、寝にくくなります。寝る前は退屈と感じるようにしておくと、脳が休みだし、眠くなります。

寝る1時間以上前に、部屋を暗くして準備をすること

上記と同じようなこととなりますが、脳を活性化させないためにも、就寝前1時間以上前には、部屋の照明を少し落として準備をしましょう。もちろん、スマホを見ながら寝るといったことも、眠りを阻害します。

入浴後に布団に入るようにする

私たちは眠る時に、少し体温を下げることで眠りを深くします。そのため、眠る時は体を温めてから布団に入るというのが、熟睡する大きなポイントです。

健康のためにも、普段の生活を少し見なおしてみると、いつもと同じ睡眠時間でも、疲れの取れ具合が格段に良くなる、寝付きが早くなるといった効果を得ることができます。また、寝付けないことを気にすると更に眠れなくなってしまうので、あまり気にし過ぎないようにしたいところですね。