トップ «身体によい水の飲み方 熟睡するためのポイント»

お酒も飲み方次第


飲酒における常識、うそ・ほんと

現在位置:トップページ飲酒における常識、うそ・ほんと

お酒を飲むと体は冷えます。冷えとむくみ対策

お酒は、米や麦の食品によって作られているものですので適度に摂取する分には、健康やお肌には悪いものではありません。 ただ、お酒の席は帰りが遅くなり睡眠不足になることも多いのでそういった影響からなる、顔のむくみや、肌の疲れを感じることはあります。


お酒は本当に体に悪いもの?肌の調子は悪くなる?

また、女性にとって大敵となるのは、冷たいお酒です。ビールにサワーにカクテルに、大抵は冷えたものが一般的です。体を冷やすことになるので、ブランケットなどを持って行くなどして、冷え対策は行いたいところです。同時に水分過多は顔や足のむくみにも、直結します。


お酒を飲むと太るは本当?おつまみはローカロリーのものを

更に男性、女性ともに言えますが、お酒は太るものではありません。全てのお酒にカロリーがないわけではありませんが、お酒で太るというのは、ほとんどが、お酒を飲んだ時のおつまみで太ってしまったと考えるのが普通です。唐揚げにポテト、揚げ物類はおつまみとして最適ではありますが、生野菜や枝豆など、ローカロリーのものをなるべく摂取するようにしましょう。


抗酸化作用のある赤ワインで健康的にお酒を楽しむ

今、若い女性に注目されているのが、赤ワインです。赤ワインには、女性のお肌の老化を阻害する、抗酸化作用がありますので、健康に良いとされています。適量であれば、お肌に悪いものではなく、むしろ良い飲み物ですので、是非、取り入れていただければと思います。